チューリングテストとは

1 min 198 views

チューリングテストは、1950年にアラン・チューリングによって論文にて考案されたものです。
人の審査員を用意し、相手が機械かどうかを知らせない状態で対話させます。
そしてその機械がAI(人工知能)かどうかを判定するためのテストです。
審査員が機械と人間との確実な区別ができなかった場合、「合格」となります。

チューリングテストに合格した人工知能

このテストに合格した人工知能があります。

1966年に発表された「ELIZA」(イライザ)は何人かの審査員に人間と対話していると判定させることに成功した自然言語処理プログラムです。

厳密には心療のセラピストの真似をすることで人をある種騙すという守法で完全にテストをパスしたわけではないそうですが、人工知能がチューリングテストを合格できる可能性があると知らせしめたAIであると言えます。

その後に開発されたPARRYもELIZAとどうように多くの審査員の判定を謝らせることができた人工知能です。
ELIZAとPARRYはお互いに何度か会話をしたことがあり、「RFC439」としてその記録が残っています。

覚えておきたいG検定のヒント

ポイント
  • チューリングテストとはなにか
  • ELIZAとPARRY
  • 会話の記録(RFC439)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です