シンギュラリティ(Singularity)とは

1 min 133 views

AIや機械学習としては次のブームまではおきないと言われている現象でもあります。

『シンギュラリティ』

人工知能が人間に代わって文明の主役になる。
人工知能が人間の知能を超える時点のことをシンギュラリティ(技術的特異点)と言います。

仮面ライダー01のおかげで一気に一般的にもみんなに知れ渡った感がありますが、もう少し先の未来のお話。

シンギュラリティに関する意見

  • レイ・カールワイルは自署「The Singularity is Near」のなかで2045年に到来すると述べています(アメリカ合衆国の発明家、実業家、未来学者)
  • ヒューゴ・デ・ガリスは21世紀後半にくると予測し、その時の人工知能は人間の知能の1兆の1兆倍になると主張(オーストラリアの人工知能の研究者)
  • イーロン・マスクはシンギュラリティの到来に危機感をもち、非営利団体AI研究組織OpenAIを設立(テスラのCEO)
  • オレン・エツィオーニは、「100万年後に特典を迎える可能性があるが、賢いコンピュータが世界制覇するという終末的な構想は馬鹿げている」と言っています(アレン人工知能研究所のCEO)
  • ヴァーナー・ヴィンジはシンギュラリティについて「機会が人の役に立つふりをしなくなること」と定義(アメリカ合衆国の数学者、計算機科学者、SF作家)
  • スティーブン・ホーキングは、「AIの完成は人類の終焉を意味するかも」と述べている(イギリスの理論物理学者)
ポイント 著名人や専門家の意見や反応を覚えておきましょう
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です