短期間でPythonエンジニア認定試験を取ろう

2 min 737 views
https://aiai-beginners.com/wp-content/uploads/2019/11/yami-sen.jpg

機械学習を学ぶのに必要なプログラミング言語Pythonの認定資格の取り方を解説するよ。

試験概要

さほど難しくはない試験となります。

Python 3 エンジニア認定基礎試験
概要:文法基礎を問う試験
受験料金:1万円(外税) 学割5千円(外税)
問題数:40問(すべて選択問題)
合格ライン:正答率70%

出題範囲を理解する

試験の出題範囲を把握しておきましょう。
すべてはチュートリアルにありますが、

1章 食欲をそそってみようか2.5%
2章 Pythonインタープリタの使い方2.5%
3章 気楽な入門編15.0%
4章 制御構造ツール22.5%
5章 データ構造17.5%
6章 モジュール5.0%
7章 入出力2.5%
8章 エラーと例外10.0%
9章 クラス5.0%
10章 標準ライブラリめぐり10.0%
11章 標準ライブラリめぐり─PartII2.5%
12章 仮想環境とパッケージ2.5%
13章 次はなに?0.0%
14章 対話環境での入力行編集とヒストリ置換2.5%

出題の割合もでていますので、出やすいところから攻めましょう。

PythonチュートリアルWeb版を読み込む

試験は上記の通りPythonチュートリアルに連動した形で出題されます。
割合も公表されているので優先度を決めて学習を進めましょう。

後述するPython3チュートリアルの書籍でもいいのですが、上記にある通りWeb版ですべて読むことができます。それぞれ日本語訳が一部不明瞭なところがありますが、書籍を買うよりもWeb版をしっかり読み込みましょう。

Python模擬試験を受けまくる

無料でPythonの模擬試験を受けることができます。
DIVE INTO EXAM(模擬試験)   にPython模擬試験がありますので受けてみよう。
正直この模擬試験だけでは物足りないのですが、時間がない場合にはまずこの模擬試験を合格レベルまで引き上げることを優先的に学習するのもありだと思います。

なんども繰り返し受けると問題を覚えてしまうので、
なぜその答えで合っているのかをしっかり理解しながら有効活用しましょう。

Python認定試験おすすめ学習本

Python3スキルアップ教科書はおすすめの1冊。
ただただ読むだけだとつまらないのですが、このPython認定資格をとる目的であればとても役に立つ書籍です。
Wen版のチュートリアルは出題範囲を全て網羅していますが、日本語がたまにおかしいとかそもそも日本語訳されていなかったりします。
1冊まるまる読めば十分に合格できるレベルに達すると思います。

Pythonチュートリアル第三版です。
モロに出題範囲になります。先ほどご紹介したチュートリアルWeb版の書籍版となります。
Amazonレビューなどを見てもらえばわかりますが、訳がびみょうだったりするのでWebで十分かもしれませんね。

Pythonエンジニア認定に申し込もう

Odyssey CBT Webサイトから申し込む必要があります。
さまざまな試験の申し込みがあるので、今後も使うことがありそうです。

無料会員登録をすませたら、Python3試験に申し込みします。

合格してしまおう!

ギリだったわ〜w
合格できました。(えっへん

もうすぐ始まるPython 3 エンジニア認定データ分析試験

機械学習を学ぶ上ではこちらもとっておきたい資格ですが、2020年春にスタート予定のあたらしい試験となります。
こちらも詳細がでていますので、待ちましょう。

僕は取りに行きます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です