anaconda3のPythonをVSCodeで使えるようにする(Mac編)

1 min 520 views

プログラミングを行うのに便利なのがマイクロソフトが無料で提供している
VisualStudioCode(以下VSCode)です。
どんなプログラミング言語にも対応していてとても便利。

そこで、機械学習で必須とも言うべきanaconda3インストール後に、Pythonのバージョンをあわせて使うための設定を紹介します。

VisualStudioCodeをインストールしよう

Visual Studioのダウンロードサイトにアクセスします。
VSCodeのダウンロードボタンをクリックするとOSを選べますのでMac版を選択してインストーラをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、VSCodeのappファイルが出てきますのでアプリケーションフォルダに移動させましょう。

Python環境を整える

VSCodeを開いたら、Pythonが動くようにします。
拡張機能 → pythonで検索する → [python]を選択しインストール

PythonのPathを調べる

Macで利用中のPythonの場所を調べるためには、
次のコマンドをターミナルから打ち込んでみます。

which python

でてきたPathをひかえておきましょう。

anacondaのPythonと連動させる

画面上部のCodeメニューから、基本設定→設定メニューを開きましょう。

出てきたメニューバーに「pythonpath」と打ち込むと、
Python:Python Path
と言う設定項目が表示されます。そこにanacondaのPythonのPathを登録しましょう。

保存ボタンなのは無いので記載したら閉じちゃいましょう。

VSCodeの左下、メニューのpythonのバージョンがanacondaのPythonになってたらOKです。

関連記事