人工知能(AI)のブームについて

1 min 98 views

現在の人工知能のブームは3回目だと言われています。
1956年のダートマス会議で「人工知能」という言葉が初めて使われたのがスタートです。

AIのブーム

1950年代後半から1960年代にかけてを第一次AIブームといいます。
「推論と探索」により問題を解くAIが台頭しました。

第一次ブーム「推論と探索」とは

コンピュータが、あるルールとゴールがある中で選択肢を正しく選びながらいかに早くゴールにたどり着けるかをいいます。
推論と探索では現実的な複雑な問題は解くことができず、ゲームのような有利な手段を選ぶトイプログラム(おもちゃの問題)に限られることがわかり、第一次ブームは終焉したと言われています。

第二次ブーム「エキスパートシステム」

第二次ブームは、1980年代。
エキスパートシステムにより問題を解く人工知能が台頭。
エキスパートシステムとは、専門家の知識をそのまま人工知能に移植することによりさまざまな問題を解決するもの。
代表例として、「MYCIN」「DENDRAL」がある。
MYCINは抗生物質を処方するAI、DENDRALは有機化合物の特定を行うAIです。
しかし、専門家の知識の定式化が難しく複雑な問題が解けるわけではなかった。
エキスパートシステムは、知識ベースと推論エンジンによって構成される。
知識ベースとは、「もし、、ならば、、」という規則による知識の集まりで、推論エンジンとは、知識ベースを用いて推論を行うプログラム

第三次ブーム「ディープラーニング」

そして現在、第三次ブーム。
ニューラルネットワークを多層にすることで複雑な問題を解決できるようにしたディープニューラルネットワークを用いて学習・予測を行うモデルをディープラーニングという。
このディープラーニングを初めて世に知らしめたのが「ILSVRC」という画像認識の精度を競うコンペティション。
2012年、ジェフリー・ヒントンを代表とするチームがディープラーニングを用いたAIで会場の度肝を抜くような成績で優勝したことで脚光を浴びることとなった。

ポイント 各ブームの内容と終焉のきっかけを覚えよう
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です